研究」カテゴリーアーカイブ

2019年度卒業研究中間発表会&3年セミナー企画発表

10/24に、恒例の卒業研究中間発表会を行いました。今回も他研究室と合同で開催しました。その研究室の先生や学生さんをはじめ、さまざまな方にご聴講いただき、感謝しています。ありがとうございました。

今年度も事前リハーサルやレジュメ&スライド添削など、院生の協力も交えて実施しました。研究室以外の人前での発表には緊張していたようです。終了後は久々の打ち上げを行いました。レク担当の学生さんたちもお疲れさまでした。

その次の週10/29には、3年生セミナーでの企画発表を行いました。こちらもどのようなアプリケーションが出来上がってくるのか楽しみです。

2019年度卒業研究進捗発表&BBQ

8/7は、恒例の夏休み前4年生卒業研究テーマ進捗発表会を行いました。5月に実施した企画発表時からの進捗や変更と今後のスケジュールなどを、毎週の進捗報告をまとめる形で改めて発表します。夏休みから9月にかけて、引き続き頑張りましょう。

発表会の後は、こちらも恒例の試験&発表打ち上げBBQでした。昨年度は時期の関係で屋外BBQの予定だったのですが、雨天中止となってしまいました。今年度はうまくオープンテラスを予約できたので、天候問題なく実施となりました。夕方から夜にかけ、楽しく過ごせました。

マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2019)シンポジウム研究発表

7/3-5で開催された、マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2019)シンポジウムに参加して研究発表を行いました。場所は福島、猪苗代湖の近くです。

今年初めての参加です。発表タイトルは次のとおりです:「視覚障害者行動支援のための画像輝度勾配ヒストグラムに基づく点字ブロック分類」

また研究発表だけでなく、7/3午前中に併催されたDICOMO2019併設デジタルコンテンツ制作発表会にも出展しました。出展内容は次のとおりです:「モーションセンサを用いた指文字学習支援アプリケーション」

研究や展示にはさまざまな意見・コメントをいただけましたので、今後の参考にさせていただきたいと思います。

2019年度卒研テーマ企画発表

5/22に4年生卒業研究テーマ企画発表会を行いました。発表はいつものとおり、利用イメージ検討・新規性提案・既存研究調査を行った上での企画発表です。

今回は昨年度からの継続テーマが多く、そうでないテーマもセミナーからの継続や過去の研究からの継続なので、少し新しさには欠けています。その一方で新しいデバイスやプラットフォームを使う内容が多く、これからの活動が楽しみです。

発表後は新3年生歓迎も含めた打ち上げです。今回は3年生ヒアリング・チーム編成決定が間に合わなかったのでちょっと心配していましたが、和気あいあいと進めることができました。

情報処理学会第81回全国大会

3/14から16まで福岡大学で開催された情報処理学会全国大会に出席し、研究発表を行いました。院生研究発表の場として恒例にしつつあります。タイトルは次のとおりです:

「手指動作特徴を用いた連続指文字に対する3クラスインデクシング手法に関する検討」
嬉しいことに学生奨励賞をいただきました。おめでとうございます。